米国政府の高官は、北朝鮮がミサイルの液体燃料として使っている非対称ジメチルヒドラジン(UDMH)について、この燃料を自主生産できる能力を保有しているとの見方を示した。米ニューヨーク・タイムズが報じている。

米国家情報長官のティモシー・バレット報道官はニューヨーク・タイムズの取材に「北朝鮮の示してきた科学技術能力を考えると、おそらくUDMHを自主生産できるものと思われる」と述べた。一方で、UDMHの製造は危険かつ技術的に困難で、北朝鮮は製造できないだろうと懐疑的に見る専門家もいる。

大爆発で死傷者

UDMHは猛毒で爆発しやすい物質だ。