北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は17日、日本を糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、同国が行った核実験や弾道ミサイル「火星12」型の発射訓練などについて、「日増しにエスカレートする米国の反共和国孤立・圧殺策動から国の自主権と人民の安全を守るための正々堂々たる自衛的対応措置である」と正当化した。

また、「われわれの核戦力が日本の安保に対する『脅威』になると言い掛かりをつけている日本反動層の主張と論理は強弁であり、不純な目的を狙った反共和国挑発である」と述べた。