ドイツの首都・ベルリンにある北朝鮮大使館は、敷地と建物の一部を宿泊業者に貸し出してきたが、最近になって契約を打ち切ったと現地の日刊紙、ターゲス・シュピーゲルが報じた。

北朝鮮大使館は、EGI社との間で建物と敷地を毎月3万8000ユーロ(約498万7000円)で貸し出す契約を交わした。同社はそれを利用して安宿のシティ・ホステルを運営してきたが、最近になって賃料の支払いを留保するようになった。

経済制裁に抵触するのを恐れてのことだ。

    関連記事