北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、日本と米国が同盟関係を強化していることに対して「朝鮮半島の平和と安定に重大な脅威となっている」と非難する論評を配信した。

論評は、日米両政府が17日にワシントンで開いた安全保障協議委員会で北朝鮮への圧力強化を確認したことや、日本が「イージス・アショア」を導入する方針であることなどを取り上げ、「これは、対朝鮮侵略野望をなんとしても実現しようとする宿敵の結託として、そうでなくても先鋭な朝鮮半島と地域情勢を一触即発の戦争の局面へ追い込む危険極まりない軍事的妄動である」と指摘した。

また、「米国が日本との軍事的結託を強めるのは、目下の『同盟者』をいっそう固く握り締めて対アジア戦略、ひいては世界覇権戦略実現の突撃隊に利用しようとするところにある」と強調した。