人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これに部下らも代わる代わる「国際的圧迫を通じた非核化」だの、「対話再開いかんは北の態度変化にかかっている」だのと言って、いわゆる「前提条件」についてけん伝している。

27日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これを掘り下げてみれば、トランプ一味が先日、朝米対話の「3大条件」に打ち出した「核実験中断、弾道ミサイル試射中止、挑発的言行中断」や朴槿恵逆徒が持ち出した「先非核化」の詭弁(きべん)と本質上、異なるものが一つもないと主張した。

また、これは先任者らの親米屈従と隷属、同族対決のバトンを受け継いだ現南朝鮮当局の属性と胎生の限界をありのまま見せるものだとし、次のように強調した。

    関連記事