北朝鮮・両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)市と、革命の聖地と呼ばれる三池淵(サムジヨン)郡を結ぶ全長80キロあまりの白頭山観光鉄道(三池淵線)。日本の植民地時代に建設された森林鉄道を改造してできたもので、革命史蹟の訪問に利用されてきたが、1994年に大洪水で路盤が流出してしまった。

復旧工事は、13年後の2007年8月から始まったが、わずか4ヶ月で中断した。金正恩党委員長は、2015年4月から復旧工事を再開させ、2016年5月の朝鮮労働党の第7回大会までの完成を命じていたが、未だに開通に至っていないと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

現地の情報筋によると、4月13日行なう予定だった開通式は、6月4日の普天堡(ポチョンボ)戦闘勝利80周年の日に延期された。ところが、8月28日に再び延期されたというのだ。

    関連記事