北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、同国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型を試射したことへの、韓国の文在寅政権の対応を非難する論評を配信した。

論評は、ICBMの試射について「北と南、海外の全同胞が共同で慶祝してやまない民族史の特記すべき大慶事である」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮の執権者は『国家安全保障会議』全体会議なるものを開いて『北の無責任な挑発を重ねて強く糾弾する』とけん伝したあげく、米国上司との連合弾道ミサイル射撃訓練という笑止千万な軍事的虚勢まで張って奔走した」としながら文氏を非難した。

また、韓国外交省、統一省、外交安保関係者が「国連安保理決議に対する正面切っての違反」と述べたことに対して非難し、韓国軍当局が「『挑発』だの、『破滅』だのとして何らかの『声明』発表劇を演じて対決に熱を上げている」と指摘した。

さらに、「上司である米国まで、われわれの非常な軍事的威力に戦慄していらいらしている時に、単なる手先にすぎない者らがあえて狼藉をはたらくのは十回、百回天罰を受けるべき妄動であると言わざるを得ない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

上司に頼ってのさばる時は過ぎた 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月11日発朝鮮中央通信】今、南朝鮮で同族の慶事に水を差す対決狂乱劇が演じられて全同胞を憤激させている。

われわれの大陸間弾道ロケット「火星14」型試射の輝かしい成功は、チュチェ朝鮮の不敗の国力と強大無比の自立的国防工業の威力を全世界に誇示した特大出来事であると同時に、北と南、海外の全同胞が共同で慶祝してやまない民族史の特記すべき大慶事である。

しかし、南朝鮮の執権者は「国家安全保障会議」全体会議なるものを開いて「北の無責任な挑発を重ねて強く糾弾する」とけん伝したあげく、米国上司との連合弾道ミサイル射撃訓練という笑止千万な軍事的虚勢まで張って奔走した。

一方、かいらい外交部、統一部をはじめ外交安保関係者も次々と出て「国連安保理決議に対する正面切っての違反」という悪態をついて火傷した牛のようにのさばっている。

特に、かいらい軍部ごろはあえてわれわれの最高の尊厳に不作法にも言い掛かりをつけて「挑発」だの、「破滅」だのとして何らかの「声明」発表劇を演じて対決に熱を上げている。

これは、われわれの大陸間弾道ロケット試射の大成功にびっくり仰天して理性を失った対決狂信者のヒステリーである。

上司である米国まで、われわれの非常な軍事的威力に戦慄(せんりつ)していらいらしている時に、単なる手先にすぎない者らがあえて狼藉をはたらくのは十回、百回天罰を受けるべき妄動であると言わざるを得ない。

主権の象徴である戦時作戦統制権まで米国に供したことによって上司の承認がなくては何もできないかいらいが、原爆、水爆と共に大陸間弾道ロケットまで保有したわれわれと対決しようとすること自体が無様であり、へそで茶を沸かすことである。

民族の尊厳と力が何であり、朝鮮半島の平和がどのように守られるのかも知らないかいらいは、哀れな自分の境遇でもはっきり知って奔走すべきである。

同族対決に狂ってのさばっていて悲惨な終えんを告げた朴槿恵逆徒の末路が、それほど遠い過去のことではない。

世が変わったのも知らずに極悪な対決政策のコピーを持ち出して狂奔するほど、その終えんは先任者らの恥ずべき轍を踏襲することはもちろん、いっそう凄惨になりうる。

かいらいがそれほど偶像化していた米国の最悪の核の時代はすでに過ぎ去った。

南朝鮮当局は笑止千万な軍事的対決妄動に執着するのがわれわれの核照準鏡内に自ら入ってくる自殺的な行為になるということを銘記する方がよかろう。

    関連記事