北朝鮮の金正恩党委員長が9日、平壌で行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の試射成功を記念する音楽舞踊総合公演を鑑賞した。10日、朝鮮中央通信が伝えた。

大陸間弾道ミサイル試射成功記念音楽舞踊総合公演を鑑賞した金正恩氏(2017年7月10日付労働新聞より)
大陸間弾道ミサイル試射成功記念音楽舞踊総合公演を鑑賞した金正恩氏(2017年7月10日付労働新聞より)

金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ、党、国家、軍隊の責任幹部やICBM試射の成功に寄与したメンバー、国防科学部門の関係者、学生などが公演を鑑賞した。

公演には牡丹峰(モランボン)楽団、青峰(チョンボン)楽団、勲功国家合唱団、王在山(ワンジェサン)芸術団が出演。舞台では「栄光をささげよう偉大なわが党に」「輝く祖国」「社会主義前進歌」「共和国ロケット兵行進曲」「われらの銃剣の上に平和がある」「勝利の祝杯」「祖国と私」「一気に」「火星砲の歌」「われわれを羨め」「駆けていこう未来へ」などが披露され、最後は「金正恩将軍に栄光を」で締めくくった。

大陸間弾道ミサイル試射成功記念音楽舞踊総合公演(2017年7月10日付労働新聞より)
大陸間弾道ミサイル試射成功記念音楽舞踊総合公演(2017年7月10日付労働新聞より)

同通信は、「出演者は、金日成主席と金正日総書記の核戦力建設大業を立派に実現するための道に自身のすべてをささげて共和国を最強の大陸間弾道ロケット保有国になるようにした最高指導者金正恩委員長の業績を格調高くたたえた」と公演を評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

大陸間弾道ロケット試射成功記念音楽舞踊総合公演

【平壌7月10日発朝鮮中央通信】大陸間弾道ロケット試射成功記念音楽舞踊総合公演が9日、平壌で盛大に行われた。

最高指導者金正恩委員長が公演を鑑賞した。

金永南、黄炳瑞、朴奉珠、崔龍海の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部と大陸間弾道ロケット火星14型試射の成功に寄与したメンバー、国防科学部門の幹部と科学者、技術者、教職員、学生が公演を鑑賞した。

牡丹峰楽団、青峰楽団、勲功国家合唱団、王在山芸術団の芸能人が出演した公演の舞台には、男声合唱「栄光をささげよう偉大なわが党に」、器楽と歌謡「輝く祖国」、女声重唱「社会主義前進歌」、軽音楽「共和国ロケット兵行進曲」、男声独唱と合唱「われらの銃剣の上に平和がある」、タップダンス「勝利の祝杯」などの多彩なレパートリーが上がった。

出演者は、金日成主席と金正日総書記の核戦力建設大業を立派に実現するための道に自身のすべてをささげて共和国を最強の大陸間弾道ロケット保有国になるようにした最高指導者金正恩委員長の業績を格調高くたたえた。

最高指導者金正恩委員長の姿が舞台の背景に映されるたびに場内には熱狂的な拍手が起こった。

女声独唱「祖国と私」、軽音楽「一気に」、女声重唱「火星砲の歌」、歌舞「われわれを羨め」、舞踊「駆けていこう未来へ」なども舞台に上がった。

終曲「金正恩将軍に栄光を」で終わった公演は観客の絶賛を博した。

    関連記事