北朝鮮の金正恩党委員長は3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の発射命令を下した。4日、朝鮮中央通信が報じた。

ICBM「火星14」型の発射命令書に署名する金正恩氏(2017年7月5日付労働新聞より)
ICBM「火星14」型の発射命令書に署名する金正恩氏(2017年7月5日付労働新聞より)

5日付の労働新聞も、金正恩氏が命令書に署名する様子と命令書を1面で報じた。

金正恩氏が署名したICBM発射命令書(2017年7月5日付労働新聞より)
金正恩氏が署名したICBM発射命令書(2017年7月5日付労働新聞より)

同紙は1面から5面にかけて、ICBM発射関連の写真を掲載した。

ICBM「火星14」型の試射(2017年7月5日付労働新聞より)
ICBM「火星14」型の試射(2017年7月5日付労働新聞より)

片側8輪の移動式の発射台で運ばれるICBMの写真も公開した。

試射を控えたICBM「火星14」型(2017年7月5日付労働新聞より)
試射を控えたICBM「火星14」型(2017年7月5日付労働新聞より)

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

試射断行命令を下す

【平壌7月4日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長がチュチェ106(2017)年7月3日、大陸間弾道ロケット「火星14」型の試射を断行することに関する親筆命令を下した。

金正恩委員長の直接的な指導の下で行われた「火星14」型の成功裏の打ち上げに関する朝鮮国防科学院の報道が発表される。

    関連記事