北朝鮮の金正恩党委員長は、弾道ロケット(ミサイル)の試射を指導した。日時は不明だが、29日午前の試射と見られる。朝鮮中央通信が30日、報じた。

弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)
弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は、発射場でキャタピラー式自走発射台車と精密操縦誘導システムを備えたという弾道ミサイルを見て回り、「戦術的・技術的諸元を具体的に調べて従前の『火星』系列ロケットより発射前の準備工程が高度にオートメ化されて発射時間を著しく短縮するようにシステムが完成されて敵の武力挑発を迅速に制圧、けん制できるようになったことに満足の意を表した」という。

同通信は弾道ミサイルは「中等射程を飛行して予定目標点を7メートルの偏差で正確に命中した」と伝えた。

弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)
弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)

金正恩氏は、弾道ミサイルの試射を見ながら、「太陽節(金日成主席の誕生日)の勝利の閲兵式の広場に初めて自分の姿を現したこの弾道ロケットはあたかも名射手が狙撃兵小銃で目標に当てるようだ、あの程度の命中正確性なら、敵の目玉も当てられる、朝鮮労働党の深い関心と直接的指導によって引き続き勝利的前進だけを成し遂げている国防科学研究部門が今や世界的な先端国防科学技術を決心した通りに朝鮮式に成し遂げている、朝鮮労働党はこの成果を高く評価する」と述べた。

さらに、「最近、われわれが収める高価な勝利のニュースが伝えられるたびに米国の苦悩が大きくなり、かいらい軍ごろつきの群れがだんだん気が抜けるようになるだろう」としながら、「米国により大きな『贈物風呂敷』を送るために今のこの勢いでさらなる飛躍を成し遂げることを確信する」と述べた。

弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)
弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)

試射の指導には、李炳哲(リ・ビョンチョル)、金絡謙(キム・ラクキョム)、金正植(キム・ジョンシク)、張昌河(チャン・チャンハ)、チョン・スンイル、全日好(チョン・イルホ)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が精密操縦誘導システムを導入した弾道ロケットの試射を指導

【平壌5月30日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が、精密操縦誘導システムを導入した弾道ロケットの試射を指導した。

金正恩委員長は、発射場へ出向いてキャタピラー式自走発射台車と精密操縦誘導システムを備えた弾道ロケットを見て回った。

金正恩委員長は、弾道ロケットの戦術的・技術的諸元を具体的に調べて従前の「火星」系列ロケットより発射前の準備工程が高度にオートメ化されて発射時間を著しく短縮するようにシステムが完成されて敵の武力挑発を迅速に制圧、けん制できるようになったことに満足の意を表した。

金正恩委員長は続けて、指揮所に上がって試射計画について聴取し、弾道ロケットの発射命令を下した。

任意の地域の敵の対象物を超精密打撃できる新型の精密誘導弾道ロケットの技術的指標を実証し、異なる戦闘環境の中で新しく設計、製作したキャタピラー式自走発射台車の運営信頼度の検討に目的をおいた今回の試射は、操縦戦闘部の末期誘導段階までの精密な遠隔観測のために中等射程射撃方式で行った。

明るむ東方の空に向かって打ち上げられた弾道ロケットは中等射程を飛行して予定目標点を7メートルの偏差で正確に命中した。

今回の試射を通じて、能動飛行区間で操縦翼のある戦闘部を装着した弾道ロケットの飛行安全性を検討し、中間飛行区間で小型熱噴射エンジンによる速度矯正および姿勢安定化系統の正確性が再実証された。

また、より精密化された末期誘導システムによる再突入区間での超精密誘導の正確性を実証し、異なる地形条件で新たに開発したキャタピラー式自走発射台車の走行特性とオートメ化された発射準備工程の特性を完全に実証した。

金正恩委員長は、精密操縦誘導システムを導入した弾道ロケットの成功裏の試射を見ながら、太陽節(金日成主席の誕生日)の勝利の閲兵式の広場に初めて自分の姿を現したこの弾道ロケットはあたかも名射手が狙撃兵小銃で目標に当てるようだ、あの程度の命中正確性なら、敵の目玉も当てられる、朝鮮労働党の深い関心と直接的指導によって引き続き勝利的前進だけを成し遂げている国防科学研究部門が今や世界的な先端国防科学技術を決心した通りに朝鮮式に成し遂げている、朝鮮労働党はこの成果を高く評価すると述べた。

また、最近、われわれが収める高価な勝利のニュースが伝えられるたびに米国の苦悩が大きくなり、かいらい軍ごろつきの群れがだんだん気が抜けるようになるだろうと述べた。

そして、今日のこの成果を土台にして威力がもっと大きい戦略兵器を引き続き開発しなければならないと強調した。

金正恩委員長は今後、国防科学研究部門ではわれわれが作成した時間表と道程図通りに多段に、連発的にわれわれの自衛的国防工業の威力をはっきり見せなければならないとし、米国により大きな「贈物風呂敷」を送るために今のこの勢いでさらなる飛躍を成し遂げることを確信すると述べた。

李炳哲、金絡謙、金正植、張昌河、チョン・スンイル、全日好の各氏が同行した。

    関連記事