北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、核問題をめぐり中国を名指しで批判する金哲氏の論評を配信した。

論評は、「中国の党と政府の公式立場を代弁することで広く知られている『人民日報』と『環球時報』が最近、複数の論評で、われわれの核保有が自分らの国家的利益に対する脅威となるとけん伝し、朝中関係悪化の責任をわれわれに全的に転嫁し、米国の笛に踊らされる卑劣な行為についてくだらない弁解をした」と指摘した。

つづけて、「これはわが共和国の自主的で合法的な権利と尊厳、最高の利益に対する甚だしい侵害であり、友好の長い歴史と伝統を持つ善良な隣国に対する露骨な威嚇である」と糾弾した。

また、「70余年も反米対決戦の第1線で力に余る闘いを繰り広げ、米国の侵略的企図を挫折させて中国大陸の平和と安全の守護に寄与したのが果たして誰なのかについて率直に認め、われわれにありがたさのあいさつからするのが当然であろう」と主張した。

さらに、「それが誰であり、国家の存立と発展のためのわれわれの核保有路線を絶対に変化させることも、揺るがすこともできず、朝中友好がいくら貴重であるとしても、生命のような核と交換してまで物乞いするわれわれではないということをはっきり認識すべきである」と強調した。

そのうえで、「中国は、これ以上無謀にわれわれの忍耐心の限界を試そうとしてはならず、現実を冷静に見て正しい戦略的選択をすべきである。中国は、朝中関係の柱を切り倒すこんにちの無謀な妄動がもたらす重大な結果について熟考する方がよかろう」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝中関係の柱を切り倒す無謀な言行をこれ以上してはいけない

【平壌5月3日発朝鮮中央通信】金哲氏が3日、「朝中関係の柱を切り倒す無謀な言行をこれ以上してはいけない」と題する論評を発表した。

金哲氏は論評で、最近、米国が大げさに言いふらす威嚇・恐喝と戦争の轟音(ごうおん)に心臓が縮まったのか、隣国の諸大国から事理と分別を失った言辞が連日吐かれて刻一刻、先鋭化している朝鮮半島の情勢をより緊張の局面に追い込んでいることについて明らかにした。

中国の党と政府の公式立場を代弁することで広く知られている「人民日報」と「環球時報」が最近、複数の論評で、われわれの核保有が自分らの国家的利益に対する脅威となるとけん伝し、朝中関係悪化の責任をわれわれに全的に転嫁し、米国の笛に踊らされる卑劣な行為についてくだらない弁解をした。

これらの論評は、朝鮮が中国の国境から100キロもならない所で核実験を行い、「北東地域の安全を脅かしている」だの、われわれが北東アジア情勢を刺激して同地域に対する米国の「戦略的配置を強化する口実を提供」しているだのとしてけん伝したあげく、われわれの核保有に反対するのは米国と中国の共通の利益であり、自分らに危険をもたらす戦争を避けるためにもわれわれに対する制裁を強化すべきだとでまかせに主張した。

はては、朝中関係の主導権が自分らの手に握られており、朝鮮が中国との軍事的対立を願わないなら「長期間の孤立と、もう一つの国家安保の道」のうち、中朝友好と核放棄のうち、一つを選択しろというごく挑戦的な妄言もためらわなかった。

金哲氏は論評で、これはわが共和国の自主的で合法的な権利と尊厳、最高の利益に対する甚だしい侵害であり、友好の長い歴史と伝統を持つ善良な隣国に対する露骨な威嚇であると糾弾した。

論評は、中国の一部で東北3省の「核実験被害」をけん伝するのはわれわれの核の高度化を快しとしない中国の内心だけをありのままさらけ出すだけだと非難した。

中国の政治家と言論人が折に触れ、取り上げるいわゆる「国家的利益の侵害」に関連して、むしろわれわれが言うべきことがより多いとし、相手の信義がなく背信的な行動によって国家の戦略的利益を重ねて侵害されてきたのは決して中国ではなく、朝鮮民主主義人民共和国であると明らかにした。

中国の一部の論者がわれわれの核保有が北東アジア情勢を緊張させ、同地域に対する米国の戦略的配置を強化する口実を提供するというとんでもない詭弁(きべん)を並べ立てているが、米国のアジア太平洋支配戦略はわれわれが核を保有するはるか以前から稼働し、以前からその基本目標はほかならぬ中国であったと主張した。

むしろ、70余年も反米対決戦の第1線で力に余る闘いを繰り広げ、米国の侵略的企図を挫折させて中国大陸の平和と安全の守護に寄与したのが果たして誰なのかについて率直に認め、われわれにありがたさのあいさつからするのが当然であろうと指摘した。

朝中友好の伝統的関係が当時、各国の利益に合致したためだとあえて罵倒(ばとう)する無知蒙昧(もうまい)な中国の一部の政治家と言論人は歴史の本質をはっきり知って口を利くべきであろうと強調した。

われわれが核を放棄しないなら、度合い強い経済制裁はもちろん、軍事的介入も辞さないと言うのは、自分らの利益のためならわが朝鮮の戦略的利益はもちろん、尊厳と生存権さえも当然、犠牲にならなければならないというごくごう慢な大国主義的論理にすぎないと糾弾した。

論評は、次のように強調した。

それが誰であり、国家の存立と発展のためのわれわれの核保有路線を絶対に変化させることも、揺るがすこともできず、朝中友好がいくら貴重であるとしても、生命のような核と交換してまで物乞いするわれわれではないということをはっきり認識すべきである。

すでに、最強の核保有国になったわれわれにとって選択の道は多岐であることをこの時刻にあえて再論する必要を感じない。

中国は、これ以上無謀にわれわれの忍耐心の限界を試そうとしてはならず、現実を冷静に見て正しい戦略的選択をすべきである。

中国は、朝中関係の柱を切り倒すこんにちの無謀な妄動がもたらす重大な結果について熟考する方がよかろう。

    関連記事