北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、核問題をめぐり中国を名指しで批判する金哲氏の論評を配信した。

論評は、「中国の党と政府の公式立場を代弁することで広く知られている『人民日報』と『環球時報』が最近、複数の論評で、われわれの核保有が自分らの国家的利益に対する脅威となるとけん伝し、朝中関係悪化の責任をわれわれに全的に転嫁し、米国の笛に踊らされる卑劣な行為についてくだらない弁解をした」と指摘した。

つづけて、「これはわが共和国の自主的で合法的な権利と尊厳、最高の利益に対する甚だしい侵害であり、友好の長い歴史と伝統を持つ善良な隣国に対する露骨な威嚇である」と糾弾した。