北朝鮮の労働新聞は28日、米韓が「『北の挑発脅威』説のような謀略・ねつ造説を流して世論をまどわしている」とする論評員の文を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

文は、「米国が共和国の自衛的措置についてけなすこと自体が言語道断であり、せん越な行為である」と非難。

また、「現実的な脅威を言うなら、『北指導部除去』と『ピンポイント打撃』『平壌進撃作戦』を実行するために無謀に行っている戦争演習が許せない脅威だ」と指摘した。

さらに、「『北の挑発脅威』説は敵対勢力の絶え間ない侵略と挑発脅威から民族の安全と平和を守ろうとする共和国の自衛的核抑止力保有を問題視し、反共和国侵略戦争騒動と同族対決策動を合理化するためにでっち上げた幼稚なねつ造品だ」と主張した。

そのうえで、「侵略者、挑発者がいくら『北の挑発脅威』説をけん伝しても共和国の正当な自衛的核抑止力はいっそう非常に強化され、敵の対朝鮮敵視政策と同族対決政策は終局的破滅を免れられない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国と南朝鮮のかいらいが流す「北の挑発脅威」説の謀略的真相を暴露

【平壌3月28日発朝鮮中央通信】28日付の「労働新聞」は、共和国を不意に侵攻するための最大規模の合同軍事演習に狂奔している米国と南朝鮮のかいらいが「北の挑発脅威」説のような謀略・ねつ造説を流して世論をまどわしていることに関連して、その凶悪な謀略的真相を暴いた論評員の文を掲載した。

文は、米国が共和国の自衛的措置についてけなすこと自体が言語道断であり、せん越な行為であると非難した。

また、本当の挑発について言うなら、米国が共和国を狙って南朝鮮とその周辺に膨大な核戦略資産を引き入れたこと自体が危険極まりない挑発であり、現実的な脅威を言うなら、「北指導部除去」と「ピンポイント打撃」「平壌進撃作戦」を実行するために無謀に行っている戦争演習が許せない脅威だと主張した。

そして、かいらい軍艦艇が共和国水域に対する海上侵犯をさらに露骨にすることで最大のホットスポット水域の軍事的緊張を爆発へと追い込む行為が袖手傍観してはいけない軍事的挑発であると明らかにした。

文は、「北の挑発脅威」説は敵対勢力の絶え間ない侵略と挑発脅威から民族の安全と平和を守ろうとする共和国の自衛的核抑止力保有を問題視し、反共和国侵略戦争騒動と同族対決策動を合理化するためにでっち上げた幼稚なねつ造品だということについて暴露した。

続けて、古くさい「北の挑発」と古びた「脅威」説は時代錯誤の対朝鮮敵視政策と反民族的な同族対決政策の総破たんに直面した敗北者らの哀れな悲鳴だと嘲(ちょう)笑した。

さらに、侵略者、挑発者がいくら「北の挑発脅威」説をけん伝しても共和国の正当な自衛的核抑止力はいっそう非常に強化され、敵の対朝鮮敵視政策と同族対決政策は終局的破滅を免れられないと強調した。

    関連記事