ロシア税関当局は、多額の現金を許可なく国外に持ち出そうとした北朝鮮人を摘発した。

ウラジオストク税関は27日までに、ウラジオストク空港から高麗航空便で北朝鮮に出国しようとしていた北朝鮮人が、申告書類を提出せずに現金3万3840ドル(約376万円)を持ち出そうとしていたのを発見、摘発し、現金を差し押さえたと発表した。この人物は、これまでにロシアと北朝鮮を頻繁に行き来していた。

制裁の影響か

ロシアの法律では3000ドル(約33万円)を超える現金を持ち出すには税関の許可が必要で、1万ドル(約111万円)以上の持ち出しは認められていない。