北朝鮮向けラジオ放送『開かれた北朝鮮放送』は北の保安機関の消息筋を引用し、1月末頃、咸興の某軍需工場の労働者チョン氏をが使用したとされる中国キャリアの携帯電話が自宅から発見され、公開銃殺が行われたと4日報道した。

去る1月、北朝鮮は中朝国境地域での脱北者の活動や中国キャリアの携帯の使用に対する厳重な取り締まりを指示し、初めて執行される銃殺刑だと放送は伝えた。

放送は事件の全貌を次のように紹介した。

銃殺刑になったチョン氏は勤め先の軍需工場での収入が思わしくなく、2002年からバイトで中国との貿易を始め、ビジネス上での必要から携帯を使ってきたとした。

抜き打ち捜査で摘発

しかし、チョン氏は友人のキム氏が脱北し2001年に韓国に入国した事実を知らずにおり、ある日キム氏から携帯への連絡を受けた。