一方、輸出停止の措置はそう長く続かないだろうと情報筋は見ている。北朝鮮の輸出に占める地下資源の割合があまりにも大きく、輸出停止の長期化は自らの首を絞めることになるからだ。

北韓地下資源ネットによると、昨年12月に北朝鮮が中国に輸出した地下資源は、金額で1億9598万ドル(約222億7000万円)に達し、対中輸出全体の67.4%に達する。また、輸出先の97.3%は中国だ。

(関連記事:北朝鮮「金」で制裁を打破せよ!…世界9位の埋蔵量に期待