北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、同国が12日に行った地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射は合法的権利だと主張する論評を配信した。

論評は、「米国の操りの下、国連安保理は翌日にすでにいわゆる『決議違反』をうんぬんして『追加的な重要措置』を講じるという公報文を発表した。これは、徹頭徹尾、主権国家の合法的権利に対する挑発であり、公認されている国際法に対する乱暴な違反である」と指摘。

また、「2016年1月6日、われわれは初の水爆実験を断行してわが共和国に制裁と封鎖、軍事的圧迫を加えてきたあげく、核惨禍まで浴せかけようと発狂する米国に、国の自主権と民族の生存権を徹底的に守り、朝鮮半島の平和と安全を頼もしく保証できる強大な力を示した」と強調した。

さらに「小型化された核弾頭を電撃公開し、戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射と地対地中・長距離戦略弾道ロケット『火星10』の試射の大成功で天人共に激怒する『斬首作戦』と『ピンポイント打撃』までうんぬんして、無謀な軍事的挑発に執着する米国を懲罰する確固たる意志を誇示した」と主張した。

そのうえで、「対朝鮮敵視策動の度合いを高めるほど、共和国の核攻撃能力は飛躍的に強化されるであろう」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

われわれの核戦力高度化措置は合法的権利 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月16日発朝鮮中央通信】わが共和国の地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射を巡って、米国をはじめとする敵対勢力が奔走している。

米国の操りの下、国連安保理は翌日にすでにいわゆる「決議違反」をうんぬんして「追加的な重要措置」を講じるという公報文を発表した。

これは、徹頭徹尾、主権国家の合法的権利に対する挑発であり、公認されている国際法に対する乱暴な違反である。

今年に入ってだけでも、米国をはじめ多くの国が先を争って大陸間弾道ロケットの試射など各種のロケット試射を行った事実に注目する場合、われわれの試射は国家路線の貫徹における正常な工程、自衛的措置の一環として、けなす何らの法律的根拠もない。

特に、公正な国際社会はわれわれの国防力強化措置に対してはことごとに「挑発」や「脅威」を口実として白昼強盗さながらの「制裁決議」をつくり上げてきた米国と国連安保理が一部の国々の試射に対しては素知らぬふりをして二重基準を適用した事実を忘れていない。

過去も、米国はわが共和国を窒息させるための制裁ヒステリーに狂ってわれわれの正々堂々たる合法的権利である平和的宇宙開発と自衛的核抑止力強化に言い掛かりをつけながら、国連を盗用して悪意に満ちた複数の「制裁決議」を急速につくり上げた。

結果は、どうなったのか。

2016年1月6日、われわれは初の水爆実験を断行してわが共和国に制裁と封鎖、軍事的圧迫を加えてきたあげく、核惨禍まで浴せかけようと発狂する米国に、国の自主権と民族の生存権を徹底的に守り、朝鮮半島の平和と安全を頼もしく保証できる強大な力を示した。

続けて、小型化された核弾頭を電撃公開し、戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射と地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星10」の試射の大成功で天人共に激怒する「斬首作戦」と「ピンポイント打撃」までうんぬんして、無謀な軍事的挑発に執着する米国を懲罰する確固たる意志を誇示した。

また、核弾頭爆発実験を成功裏に行ってわが共和国の戦略的地位をあくまでも否定し、自衛的権利の行使にまで悪らつに言い掛かりをつける米国をはじめとする敵対勢力の核脅威と制裁騒動を粉砕するための実際の対応措置へと進んだ。

われわれの自主権と生存権、開発権を全面否定して現代文明を破壊し、われわれの社会を中世的な暗黒の世界に逆戻りさせようとする反人倫的行為である米国の対朝鮮制裁と圧迫策動がどのように終わるのかは火を見るより明らかである。

民族の自主権を守りぬき、地域の平和と安定を守るために正義の核の霊剣をしっかりとらえて核強国の前列に堂々と入ったわが共和国の戦略的地位は絶対に崩すことはできない。

われわれは、米国とその追随勢力がまたもや国連安保理を盗用してつくり上げようとする反共和国措置が主権国家の合法的権利と公認されている国際法に対する乱暴な違反となり、過去と同様、反故(ほご)になる境遇を免れられないということをあらかじめ警告する。

対朝鮮敵視策動の度合いを高めるほど、共和国の核攻撃能力は飛躍的に強化されるであろう。

    関連記事