中朝国境地域に住む北朝鮮の人々は、中国キャリアの携帯電話を使い、中国や韓国との通話を行なってきた。金正恩党委員長は、これを国内への情報流入、国外への情報流出の元凶と見て、取り締まりを強化するよう繰り返し指示してきた。

しかしいくら指示を出しても、根絶には至っていない。それどころか今年に入ってからは、通話量がむしろ増えつつある。その訳を、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、中国や韓国への通話は過去と比べて難しくなっており、今年に入ってからは国境の統制も厳しくなったのは事実だが、通話をしている人は意外と多いと述べている。

    関連記事