北朝鮮の労働新聞は30日、米国こそが「朝鮮半島の核問題を生じさせた張本人」だと主張する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「米国は1958年1月29日、『国連軍司令部』の名義で『オネスト・ジョン』核ミサイルと280ミリ原子砲、B61核爆弾などを南朝鮮に引き込んだということを発表した」と指摘。

これに対して「共和国に対する露骨な核脅威・恐喝であり、朝鮮半島と北東アジア地域を核戦争の惨禍の中に追い込むための計画的な策動である」と糾弾した。

また、「米国こそ、すでに久しい前に南朝鮮に核兵器を引き込み、北侵核戦争挑発策動に狂奔して朝鮮半島の核問題を生じさせた張本人であり、米国の対朝鮮敵視政策が撤回されない限り、朝鮮半島で核戦争勃発の危険は決して解消されないということを示している」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国の核犯罪行為は絶対に隠せない

【平壌1月30日発朝鮮中央通信】30日付の「労働新聞」は、米国が南朝鮮への核兵器の搬入を公式に発表した時から59年になったことに関連して署名入りの論説を掲載した。

南朝鮮への核兵器搬入を政策化した米国は1958年1月29日、「国連軍司令部」の名義で「オネスト・ジョン」核ミサイルと280ミリ原子砲、B61核爆弾などを南朝鮮に引き込んだということを発表した。

論説は、これは共和国に対する露骨な核脅威・恐喝であり、朝鮮半島と北東アジア地域を核戦争の惨禍の中に追い込むための計画的な策動であると糾弾した。

また、事実上、南朝鮮に対する米国の核兵器配備はその以前に行われたとし、米国が過去の朝鮮戦争の時期に重なる惨敗を挽回するために原爆を使用しようとしたことと、その以降、南朝鮮に各種の核ミサイルと核爆弾をはじめとする核攻撃手段を大々的に引き込んだこと、そして南朝鮮に配備した数多くの核兵器を実際、共和国を圧殺するための核戦争に使うために核戦争演習騒動を絶えず行ったことについて資料を挙げて暴露した。

そして、現実は米国こそ、すでに久しい前に南朝鮮に核兵器を引き込み、北侵核戦争挑発策動に狂奔して朝鮮半島の核問題を生じさせた張本人であり、米国の対朝鮮敵視政策が撤回されない限り、朝鮮半島で核戦争勃(ぼっ)発の危険は決して解消されないということを示していると主張した。

論説は、米国はいかなる術策によっても朝鮮半島で核問題を生じさせ、こんにちのようにいつ核戦争が起こるか知れない危険極まりない事態をもたらした責任から絶対に逃れることができないと強調した。

    関連記事