北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、日本の防衛省が通信衛星「きらめき2号」を搭載したH2Aロケット32号機を24日に打ち上げ、成功したことをめぐり、「ある国に対しては明白な軍事目的の衛星さえも何の制限もなく無事通過されている」としながら、米国のダブルスタンダードを非難し、自国の核保有を正当化する論評を配信した。

論評は、「日本の反動層は自国の軍事衛星打ち上げの目的が対朝鮮抑止にあると強弁するが、それが周辺諸国を標的としたということは三尺の童もはっきりと判断することである」と指摘。

また、「問題は、われわれの平和的衛星の打ち上げまであくまでも『挑発』と『脅威』に罵倒して『制裁』をけん伝した米国と追随勢力が、日本の軍事衛星の打ち上げに対しては一言半句もせずおしのまねをしていることである」と主張した。

さらに、「自分らがすることを他国がしてはいけないという強盗さながらの論理を全面に掲げて主権国家の合法的な権利と正々堂々たる自主権の行使まで問題視している」と強調した。

そのうえで、「共和国の核保有偉業は米国をはじめとする列強の強権と専横に断固と立ち向かって生命より貴重な自主権と尊厳を守り、この地でわが自身の力で自主統一と民族万代の平和・繁栄のための歴史的時代を開こうとする聖なる自覚から発している」と核保有の正当化をアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

強力な力の保有は自主権守護の真理である 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月27日発朝鮮中央通信】日本が去る24日、軍事衛星「キラメキ2」号を打ち上げた。

「キラメキ2」号は防衛省の初の独自衛星として、「自衛隊」の各部隊に対する指揮、統制と情報共有に利用されると言う。

今、日本の反動層は自国の軍事衛星打ち上げの目的が対朝鮮抑止にあると強弁するが、それが周辺諸国を標的としたということは三尺の童もはっきりと判断することである。

問題は、われわれの平和的衛星の打ち上げまであくまでも「挑発」と「脅威」に罵倒して「制裁」をけん伝した米国と追随勢力が、日本の軍事衛星の打ち上げに対しては一言半句もせずおしのまねをしていることである。

米国が一方的に作り出した二重的な基準に従ってある国に対しては合法的な平和的衛星の打ち上げ権利の行使も「不法」「挑発」に罵倒されるが、ある国に対しては明白な軍事目的の衛星さえも何の制限もなく無事通過されているのが国際舞台で常例的なことになっている。

こんにちの世界政治舞台は、正義と真理、良心と信義、平等と尊重がますます消え、不義と強権、覇権と専横、侵略と支配がはびこり、人類が合意して規制した国際関係の最も初歩的な原則さえ無視される大国中心の暴力の乱舞場に変わった。

米国をかしらとする帝国主義勢力は、弱小国の自主権と生存権を公然と蹂躙(じゅうりん)し、露骨な支配と干渉をこととしている。

自分らがすることを他国がしてはいけないという強盗さながらの論理を全面に掲げて主権国家の合法的な権利と正々堂々たる自主権の行使まで問題視している。

国連をはじめとする国際舞台で「主人」の役を演じる「特権」勢力は、大多数の発展途上国の自主的な要求と利益を乱暴に踏みにじっており、すべての問題を自分らの機嫌に合わせて一方的に処理している。

最近、わが共和国を巡る情勢の流れは、極度に不公正な世界政治の縮図をそのまま反映している。

わが共和国は、米国の強権と専横に従わないというたった一つの理由で長々数十年間、未曽有の核脅威・恐喝と政治・経済・軍事的圧力を受けた。

最近は、われわれの小型化された水爆の保有宣言と自衛的な軍事的措置を世界の平和と安全に対する「深刻な脅威」と「挑発」に罵倒して膨大な核打撃手段を朝鮮半島に投入し、「政権交代」と「体制崩壊」まで露骨にけん伝している。

力がなければ正義も不正義に罵倒される弱肉強食の世界で、共和国の核保有偉業は米国をはじめとする列強の強権と専横に断固と立ち向かって生命より貴重な自主権と尊厳を守り、この地でわが自身の力で自主統一と民族万代の平和・繁栄のための歴史的時代を開こうとする聖なる自覚から発している。

民族の尊厳と自主権を守るためには必ず、自分の強力な力を持たなければならないということは、歴史が実証した真理である。

    関連記事