昨年夏に韓国に亡命したテ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使が25日、ソウル外信記者クラブで記者会見した。朝日新聞26日付によれば、テ氏はこの席で、金正恩党委員長の実兄・金正哲(ジョンチョル)氏について、「政治に関心がなく、役職もない。音楽に関心があり、有能なギタリストだ」と語ったという。

正哲氏は世界的なギタリスト、エリック・クラプトンの大ファンとして知られ、これまでにドイツとシンガポール、イギリスで行われたコンサート会場を訪れた様子がメディアによってキャッチされている。一昨年の5月、ロンドンでコンサートが行われた際には、テ氏も会場に同行したとされる。

国民には「厳罰」

正哲氏は北朝鮮国内で「新星組」というロックバンドを組むよう指示したと伝えられるほど、欧米のロックやポップスを好んでいると言われている。だが、彼自身もギターの腕が良いというのは初耳である。