北朝鮮の朝鮮アマチュア陸上協会は、第28回万景台(マンギョンデ)賞国際マラソン競技大会、通称「平壌国際マラソン」を今年4月9日に開催すると、ホームページ「朝鮮体育」を通じて発表した。

4月15日の金日成主席の生誕記念日(太陽節)を記念して、1981年から開かれているこの大会だが、外国人の一般参加が認められるようになったのは2014年からだ。

今年からは、国際陸上競技連盟(IAAF)ブロンズラベルレースとして認められるようになった。これは、参加選手や招待選手の数やレベル、テレビ放映、ドーピング検査などがIAAFが定めたレベルに達したことを示す。ちなみに日本では、長野マラソンがこのクラスに指定されている。