北朝鮮の労働新聞は20日、同国の人権問題に対する米国の圧力が「核保有国地位を磐石のごとく打ち固める結果をもたらした」と主張する論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「オバマの執権期間、米国が朝鮮の最高の尊厳に言い掛かりをつけ、朝鮮式社会主義のイメージに泥を塗るための謀略宣伝策動にいっそう狂奔してきた」とオバマ政権を非難した。

また、「米国をはじめとする西側諸国で子どもと老人が社会に見捨てられて犯罪と堕落のドブに陥っている時、わが国の各所では育児院・愛育園などが立派に建てられた」「世界は、人民のための人権はまさに朝鮮で真に保障されているということをはっきりと実感した」と主張した。

さらに、「西側のメディアを推し立てて様々な術策を弄したが、米国は自分らが本当の平和と安定の破壊者、侵略者であることを自らさらけ出した。黒白を転倒しようとした米国は無残な敗北を喫した」と米国を非難した。

「労働新聞」 米国の反共和国謀略宣伝は絶対に通じない

【平壌1月20日発朝鮮中央通信】20日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、オバマの執権期間、米国が朝鮮の最高の尊厳に言い掛かりをつけ、朝鮮式社会主義のイメージに泥を塗るための謀略宣伝策動にいっそう狂奔してきたことについて資料を挙げて暴露した。

論説は、米国の反共和国人権謀略劇は朝鮮の核保有国地位を磐石のごとく打ち固める結果をもたらしたとし、次のように強調した。

米国をはじめとする西側諸国で子どもと老人が社会に見捨てられて犯罪と堕落のドブに陥っている時、わが国の各所では育児院・愛育園などが立派に建てられた。

思いがけない天災によって水害を被った羅先市と咸北道(咸鏡北道)北部被災地の人民が朝鮮労働党の人民死守の偉大な意志によって以前よりもよい新しい住宅で住むことになった。

世界は、人民のための人権はまさに朝鮮で真に保障されているということをはっきりと実感した。

オバマ執権期間、米国はわれわれを平和の破壊者につくるための謀略宣伝策動の度合いをいっそう強めた。

われわれの自衛的な措置が講じられるたびにそれを不法のものに、世界に対する「脅威」に悪らつに謗ったのがまさに、米国である。

西側のメディアを推し立てて様々な術策を弄したが、米国は自分らが本当の平和と安定の破壊者、侵略者であることを自らさらけ出した。

黒白を転倒しようとした米国は無残な敗北を喫した。

とんでもない妄言を吐いてわれわれをどうにかしてみようとするのは、天に向かってどうのこうのと言うこと同様の愚行である。

    関連記事