北朝鮮当局が、外貨稼ぎのために中国に派遣した自国労働者は1万9000人(北韓人権情報センター調べ)とも、9万4000人(韓国開発研究院調べ)とも言われている。また、遼寧社会科学院辺境研究所の吕超所長によると、遼寧省丹東市だけでも、1万5000人に達するとのことだ。

彼らは、非常に厳しい監視のもとに置かれているため、低賃金の長時間労働でも離職率が低く、人手不足に悩む中国東北地方の経営者にとっては「便利な存在」だった。ところが、最近、賃金が急上昇しているという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

丹東市の対北朝鮮情報筋によると、食品加工会社の賃金は月平均で1800元(約2万9800円)、技術を要する縫製工場の賃金は月平均で2300元から2500元(約3万8000円〜4万1300円)だ。2〜3年前の300元から500元(約5000円〜8300円)から比べると非常に上昇していることがわかる。