北朝鮮の労働新聞は13日、署名入りの論説で「核武力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化していく」と強調した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「昨年に朝鮮の軍隊と人民は帝国主義反動勢力のあらゆる妨害策動にもかかわらず、勝利の信念を持って自分が選択した道に沿って力強く前進し、誰もわれわれの勝利の前進を阻めなかった」と述べた。

また、「米国の時代錯誤の反共和国対決騒動は政治と軍事、経済、文化、外交をはじめとする各分野にわたって悪らつに強行された」としながら「しかし、軍事的脅威・恐喝も、制裁・圧迫もわれわれの行く手を阻めなかった」と主張した。

そのうえで、「われわれは、今後も、米国とその追随勢力の核の脅威と脅迫が続く限り、また、われわれの門前で『定例』のベールをかぶった戦争演習騒動をやめない限り、核武力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化していくであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の行く手は誰も阻めない

【平壌1月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、いかなる狂風が吹きまくっても自主、先軍、社会主義の道に沿って変わることなく進む朝鮮人民の力強い進軍を阻めないと強調した。

論説は、昨年に朝鮮の軍隊と人民は帝国主義反動勢力のあらゆる妨害策動にもかかわらず、勝利の信念を持って自分が選択した道に沿って力強く前進し、誰もわれわれの勝利の前進を阻めなかったとし、次のように指摘した。

先軍朝鮮が強くなることを目の上のこぶと見なす米国を首かいとする横暴な帝国主義勢力は、昨年にわれわれの前途を阻んでみようとあらゆる卑劣な策動をこととした。

米国の時代錯誤の反共和国対決騒動は政治と軍事、経済、文化、外交をはじめとする各分野にわたって悪らつに強行された。

しかし、軍事的脅威・恐喝も、制裁・圧迫もわれわれの行く手を阻めなかった。

核強国の前列に堂々と立ったわが共和国は、無分別に、ごう慢に振る舞っている敵対勢力を想像を絶する多段的な核抑止力強化で連続打撃した。

敵が自強力を原動力にして社会主義の勝利の前進を早めているわれわれに制裁が通じると打算したこと自体が愚行であった。

われわれは、今後も、米国とその追随勢力の核の脅威と脅迫が続く限り、また、われわれの門前で「定例」のベールをかぶった戦争演習騒動をやめない限り、核武力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化していくであろう。

自分の偉業の正当性を固く信じて立ち上がった人民の団結した力にかなう者はこの世にいない。

    関連記事