論説は、民族同士が互いに争うことなく、同胞の安寧と国の平和を守ろうとするのは共和国の終始一貫した立場であり、意志であると明らかにし、共和国は過去にもそうであったが、今後も朝鮮半島の平和と民族の安全を守るために積極的に努力すると強調した。

また、こんにち、朝鮮半島は米国の侵略的な対アジア支配戦略と無分別な戦争挑発策動によって世界最大のホットスポット、核戦争の発祥地となったとし、次のように指摘した。

わが共和国に反対する米国の核恐喝と脅威が日を追って重大になる事態の下でも朝鮮半島で核戦争が起こっていないのは、全的にわれわれに強力かつ威力ある核抑止力があるからである。

    関連記事