北朝鮮の金正恩党委員長は朝鮮人民軍(北朝鮮軍)大連合部隊別ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が21日、報じた。

ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)
ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)

同通信によると、競技には、北朝鮮軍の各大連合部隊で選抜されたロケット砲兵中隊が参加。金正恩氏が監視所で競技の開始を指示した。

金正恩氏は、砲兵の射撃準備動作を眺めながら、「訓練を最も極悪な条件で度合い強く行ったことが分かる、砲兵は実戦のような状況で訓練していつも命中砲弾を飛ばせるように準備しなければならない」と語った。

ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)
ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)

また、「命中だ、砲弾に目が付いているようだ、砲兵たちが本当に砲をよく撃つ、みんなが狙撃兵の水準に堂々と上がった」と述べながら満足し、射撃競技が成功裏に行われたことを高く評価した。

さらに「指揮官と砲兵は砲兵の戦い準備の完成に大きな力を入れている朝鮮労働党の意図をよく知って、暮れる日、昇る月を訓練場で迎えて送ることによって、一当百砲兵の命中砲火で南進の道を開き、戦勝の慶祝砲声を高く鳴らそう」と語った。

射撃競技では、朝鮮人民軍第8軍団管下ロケット砲兵中隊が1位、第3軍団管下ロケット砲兵中隊が2位、第7軍団管下ロケット砲兵中隊が3位の成績だった。各ロケット砲中隊には名砲手賞状と名砲手メダル、名砲手バッチが授与された。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が朝鮮人民軍大連合部隊別ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導

【平壌12月21日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、朝鮮人民軍大連合部隊別ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した。

競技には、朝鮮人民軍の各大連合部隊で選抜されたロケット砲兵中隊が参加した。

金正恩元帥は監視所で、射撃競技の形式と方法に関する報告を受けて競技を開始することを指示した。

元帥は砲兵の射撃準備動作を眺めながら、訓練を最も極悪な条件で度合い強く行ったことが分かる、砲兵は実戦のような状況で訓練していつも命中砲弾を飛ばせるように準備しなければならないと語った。

射撃号令が下されると、競技の参加者は敵陣を一撃の下に火の海につくる敵撃滅の意志を抱いて命中砲声を鳴らした。

天地を震撼するけたたましい爆音と渦巻き上がる土ぼこり、飛び散る砲煙の中で稲妻のような真っ赤な火が大気をかき分けて飛び、打撃目標には砲火が浴せられた。

元帥は、命中だ、砲弾に目が付いているようだ、砲兵たちが本当に砲をよく撃つ、みんなが狙撃兵の水準に堂々と上がった、と述べてとても満足した。

元帥は、大連合部隊別ロケット砲兵中隊の射撃競技が成功裏に行われたことを高く評価した。

そして、今日行った砲撃競技は砲兵が一にも、二にも、三にも砲撃の命中率を高めることに基本を置いて、課された戦闘任務と変化する状況に即して迅速に機動、展開し、正確な射撃諸元準備の判定と命中射撃を行えるように訓練を実戦の雰囲気で行うことを体質化するなら、いつ命令が下されても命中砲声だけを鳴らすことができるということを再び実証したと述べた。

元帥は、砲兵武力の強化における貴重な教えを与えた。

元帥は、今年は一当百砲兵が響かせた砲声で新年の初の大門を開けて一年の締めくくりを飾った、指揮官と砲兵は砲兵の戦い準備の完成に大きな力を入れている朝鮮労働党の意図をよく知って、暮れる日、昇る月を訓練場で迎えて送ることによって、一当百砲兵の命中砲火で南進の道を開き、戦勝の慶祝砲声を高く鳴らそうと語った。

朝鮮人民軍大連合部隊別ロケット砲兵中隊の射撃競技では、朝鮮人民軍第8軍団管下ロケット砲兵中隊が1位、第3軍団管下ロケット砲兵中隊が2位、第7軍団管下ロケット砲兵中隊が3位をした。

射撃競技で高い成績を上げた朝鮮人民軍第8軍団、第3軍団、第7軍団、第10軍団、第9軍団管下の各ロケット砲兵中隊に名砲手賞状と名砲手メダル、名砲手バッチが授与された。

    関連記事