金正恩氏は、砲兵の射撃準備動作を眺めながら、「訓練を最も極悪な条件で度合い強く行ったことが分かる、砲兵は実戦のような状況で訓練していつも命中砲弾を飛ばせるように準備しなければならない」と語った。

ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)
ロケット砲兵中隊の射撃競技を指導した金正恩氏(2016年12月21日付労働新聞より)

また、「命中だ、砲弾に目が付いているようだ、砲兵たちが本当に砲をよく撃つ、みんなが狙撃兵の水準に堂々と上がった」と述べながら満足し、射撃競技が成功裏に行われたことを高く評価した。

    関連記事