北朝鮮の核実験場周辺では、放射性物質からの被曝により病気になる人が続出していると伝えられているが、女性がそのような男性と強制的に結婚させられていると、脱北者が証言した。香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

韓国の脱北者団体、自由統一文化院のイ・エラン院長は、同紙の記者に対して、強制結婚の実例を紹介した。

20代後半のリ・グムスクさんは学校卒業後、朝鮮労働党から核研究機関で技術者として働いていた経歴を持つ男性と結婚するよう求められた。彼の経歴などについて詳細は何も知らされなかったが、結婚する以外の選択肢はなかった。