ヤン教授によると、最近脱北した人ほど薬物に接触(生産・販売・密輸を除く)した経験が多く、北朝鮮住民の薬物使用の実情を認識しているという。「薬物に接触した経験」については、1990年代は脱北者の4.7%だったが、2013年には26.8%、2014年には25.0%、2015年には36.7%と、増加傾向を示したという。

セミナーの発表者らは、韓国はもちろん、中国、ロシアなど周辺国が協力して、北朝鮮国内の薬物汚染問題の解決に努力すべき時期に来ていると強調した。

確かに、その通りである。1990年代から2000年代の初めまで、北朝鮮の国家機関が製造した覚せい剤が、外貨獲得の手段として大量に日本に密輸されていたのは周知の事実だ。

    関連記事