北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は22日、朝鮮中央通信社とのインタビューを通じて、オバマ米大統領がペルーで行われた第24回アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、北朝鮮の「挑発行為」や非核化について言及したことを糾弾した。

スポークスマンは、オバマ氏が「誰それの『挑発』についてでまかせにしゃべり、古びた制裁・圧迫うんぬんをそのまま並べ立てている」としながら「われわれを核強国の地位へ進ませた責任を逃れ、対朝鮮政策の失敗相を覆い隠してみようとする最後の身もだえにすぎない」と非難した。

さらに「米国の歴代執権者らが追求してきた極悪な対朝鮮敵視政策と核脅威・恐喝こそ、朝鮮半島の情勢激化の根源であり、われわれを核保有へ進ませた根本要因である」と主張。

そのうえで「朝鮮半島問題解決の根本方途は、米国が変わったわれわれの戦略的地位と大勢の流れをはっきり見て敵視政策を撤回する勇断を下すことである」と強調した。

一方、APECに合わせた米中首脳会談で、朝鮮半島の非核化についてオバマ氏と合意した習近平国家主席に対しては、一切言及しなかった。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 共和国の正々堂々たる核戦力強化に言い掛かりをつけたオバマを糾弾

【平壌11月22日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、オバマがわれわれの正々堂々たる核戦力強化に言い掛かりをつけたことに関連して22日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、ペルーで行われたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議の期間、オバマはわれわれのいわゆる「挑発行為」と非核化についてまたもや言い散らした。

オバマが誰それの「挑発」についてでまかせにしゃべり、古びた制裁・圧迫うんぬんをそのまま並べ立てているのは、われわれを核強国の地位へ進ませた責任を逃れ、対朝鮮政策の失敗相を覆い隠してみようとする最後の身もだえにすぎない。

再度明白にしておくが、米国の歴代執権者らが追求してきた極悪な対朝鮮敵視政策と核脅威・恐喝こそ、朝鮮半島の情勢激化の根源であり、われわれを核保有へ進ませた根本要因である。

われわれの自主権と生存権を蹂躙(じゅうりん)、抹殺しようとする米国の策動が露骨になるほど、それはわれわれの自力自強の精神と核戦力強化意志をより固くするだけである。

朝鮮半島問題解決の根本方途は、米国が変わったわれわれの戦略的地位と大勢の流れをはっきり見て敵視政策を撤回する勇断を下すことである。

米国が時代錯誤の考え方を捨てられないなら、今まで与えられたものより悲惨で苦い結果を招くことになるであろう。

    関連記事