北朝鮮の金正恩党委員長は、西部前線に位置する麻蛤島(マハプト)防御隊を視察した。日時は不明。朝鮮中央通信が11日、報じた。麻蛤島は黄海南道(ファンヘナムド)に位置し、北方限界線(NLL)付近にある韓国領の白翎島(ペンニョンド)からの距離は約18キロだ。

西部前線の麻蛤島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)
西部前線の麻蛤島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は突然に軍営を訪れたことから、軍人達は驚いて喜んだという。

金正恩氏は「同島の防御隊のように敵と直接対峙している最前方の軍人は誰よりも革命的信念が透徹しなければならない」としながら、「防御隊の軍人を堅実な社会主義祖国防衛精神を身につけた不屈の闘士にいっそうたくましく育てなければならない」と述べた。

西部前線の麻蛤島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)
西部前線の麻蛤島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)

さらに、監視所に上がった金正恩氏は「戦いが始まれば麻蛤島防御隊の軍人が一役買わなければならない」と述べながら、いきなり打撃命令を下し、砲実弾射撃訓練を指導したという。

訓練を視察した金正恩氏は「砲兵たちが砲を本当によく撃つ、去る7月に行われた島砲兵区分隊の砲撃競技で名砲手賞を獲得した防御隊の砲兵がやはり違う、麻蛤島防御隊に対しては安心してもよい」と射撃の結果を高く評価した。

麻蛤島防御隊の軍人、その家族らと記念写真を撮った金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)
麻蛤島防御隊の軍人、その家族らと記念写真を撮った金正恩氏(2016年11月11日付労働新聞より)

また、軍人たちに双眼鏡と自動小銃、機関銃を贈り、防御隊のすべての軍人、軍人家族と共に記念写真を撮った。

視察には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李明秀(リ・ミョンス)、李永吉(リ・ヨンギル)、朴正天(パク・チョンチョン)、李成国(リ・ソングク)、リ・ヨンチョルの各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が西部前線の麻蛤島防御隊を視察

【平壌11月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長である朝鮮人民軍の金正恩最高司令官が、西部前線の麻蛤島防御隊を視察した。

戦闘の準備に余念がなかった軍人たちはあまりにも突然、自分らの軍営を訪ねた金正恩最高司令官に会うことになった驚きと喜び、大いなる栄光と幸福に満ちて「万歳!」の歓声を上げた。

金正恩最高司令官は、防御隊の指揮部と複数の中隊の兵室、教育室、食堂を見て回り、軍人たちと温かい談話も交わしながら彼らの生活に深く関心を払った。

最高司令官は、同島の防御隊のように敵と直接対峙している最前方の軍人は誰よりも革命的信念が透徹しなければならないとし、政治・思想教育を斬新に行って防御隊の軍人を堅実な社会主義祖国防衛精神を身につけた不屈の闘士にいっそうたくましく育てなければならないと述べた。

文化生活条件をより立派に整えるとともに、読書気風、学習熱風を巻き起こし、中隊芸術サークル活動を活発に展開して島防御隊の軍人が多面的な知識と文化的素養を身につけていつも楽観と喜びに溢れて張り合いのある軍務生活の日々を送るようにしなければならないと語った。

軍人への給養活動実態と軍人家族子女の教育問題などをいちいち調べて島軍営の軍人と家族の生活に特別な関心を払い、大豆栽培、温室栽培、畜産と共に水産副業にも力を入れて島軍営の軍人が陸地生活を懐かしまないようにすべきであると述べた。

監視所に上がって防御隊の火力打撃計画に関する報告を聴取し、砲の配置と戦闘動員準備状態を具体的に了解した。

戦いが始まれば麻蛤島防御隊の軍人が一役買わなければならないとし、防御隊の戦闘準備の完成において提起される貴重な教えを与えた。

最高司令官は同日、不意に麻蛤島防御隊の第1中隊第2小隊第3砲をすでに占めている陣地から機動させて定めてやった目標を打撃するように命令を下し、砲実弾射撃訓練を指導した。

迅速に射撃準備を終えた砲兵らは、金正恩最高司令官が射撃命令を下すと、定められた海上目標を正確に命中した。

金正恩最高司令官は、砲兵たちが砲を本当によく撃つ、去る7月に行われた島砲兵区分隊の砲撃競技で名砲手賞を獲得した防御隊の砲兵がやはり違う、麻蛤島防御隊に対しては安心してもよいと喜びに溢れて述べ、射撃の結果を高く評価して彼らと共に記念写真を撮った。

最高司令官は、軍人たちに双眼鏡と自動小銃、機関銃を記念に贈り、防御隊のすべての軍人、軍人家族と共に記念写真を撮った。

朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、李明秀総参謀長(同次帥)、総参謀部の李永吉第1副総参謀長兼作戦総局長(陸軍上将)、朴正天砲兵局長(同少将)、李成国第4軍団長(同中将)、リ・ヨンチョル軍団政治委員(同少将)が同行した。

    関連記事