ウガンダ駐在の北朝鮮大使が「アフリカは、北朝鮮が保有する核兵器の攻撃対象ではない」と明言した。

ウガンダの日刊紙「ザ・モニター」は、ウガンダ駐在のミョン・ギョンチョル北朝鮮大使とのインタビュー記事を掲載。この中でミョン大使は「アフリカは攻撃対象ではない」と述べた。

また、「北朝鮮の核兵器がアフリカの安保を脅かすという主張は、北朝鮮とアフリカの友好関係を羨ましがる勢力が仲違いさせるために言ったことだ」と主張しながら、北朝鮮がアフリカとの友好関係を保っていると述べた。