北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は2日、トニー・ブリンケン米国国務副長官が「共和国の自衛的核抑止力強化に言い掛かりをつける妄言を並べ立てた」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信は、「ブリンケンは去る10月28日の南朝鮮訪問の際、われわれの正々堂々たる核実験およびミサイル試射に対してけなし、あえて尊厳あるわが共和国政権を謗る悪態をついた」と指摘。

さらに、「ブリンケンの挑発的妄言は、われわれの並進路線の勝利的前進にびっくり仰天したオバマ一味の最後のうなり声にすぎない」と非難した。

そのうえで、「オバマ一味がわれわれを謗(そし)っていくら青筋を立てても、われわれはわれわれがすでに定めた道に沿っていっそうねばり強く、いっそう果敢に進むであろう」と、核開発の継続を強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 共和国の自衛的核抑止力強化に言い掛かりをつけた米国務省副長官の妄言を糾弾

【平壌11月2日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは米国務省副長官が共和国の自衛的核抑止力強化に言い掛かりをつける妄言を並べ立てたことに関連して2日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

米国務省副長官のブリンケンは去る10月28日の南朝鮮訪問の際、われわれの正々堂々たる核実験およびミサイル試射に対してけなし、あえて尊厳あるわが共和国政権を謗る悪態をついた。

ブリンケンの挑発的妄言は、われわれの並進路線の勝利的前進にびっくり仰天したオバマ一味の最後のうなり声にすぎない。

彼のたわごとは沈む船のような運命に瀕したオバマ一味の哀れな嘆息として、われわれを核武装化へ進ませ、朝鮮半島の情勢を統制不能状態に追い込んだ責任から逃れるための鼻持ちならぬ弁解のほかに何物でもない。

オバマ一味がいまだに気を確かにもてず、破たんした非核化うんぬんを並べ立てていることこそ、笑えない喜劇である。

オバマ一味がわれわれを謗っていくら青筋を立てても、われわれはわれわれがすでに定めた道に沿っていっそうねばり強く、いっそう果敢に進むであろう。

近く任期を終えるオバマ一味は、他国の事に干渉せず、国内を整理する方がよかろう。

    関連記事