北朝鮮の金正恩党委員長は、繰り返し「輸入病」(何でもかんでも輸入に頼る現象)の根絶を訴えている。しかし、国内からは「輸入品を代替する国産品もないのに」と強い反発の声が上がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

10月25日、26日の両日、平壌の人民文化宮殿で、朝鮮職業総同盟(職盟)の第7回大会が開催された。35年ぶりの開催となる大会に際して、金正恩氏は参加者に「金日成ー金正日労働階級の時代的任務と職盟員たちの課業」というタイトルの書簡を送った。

輸入品販売禁止令?

この中で金正恩氏は、輸入病について次のように触れた。