北朝鮮の労働新聞は25日、韓国済州島沖合で22日から23日にかけて行われた米韓海軍と日本の海上自衛隊による合同訓練を「朝鮮半島の情勢を最悪の緊張状態へと追い込む米国の策動」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、訓練を「米国が追随勢力と行う軍事演習」と非難しながら、その目的が「戦争の火ぶたをなんとしても切ろうとすること」と指摘。

さらに「米国の下心は朝鮮半島の緊張状態を引き続き悪化させ、任意の時刻に第2の朝鮮戦争を挑発しようとするところにある」と、主に米国を非難した。

また「われわれが米国を恒常的に脅かすことのできる強力な核先制攻撃能力を絶えず拡大強化していくのは当然である」と核開発の継続を正当化しながら、先制攻撃にも言及した。

そのうえで「米帝がまたもや戦争の火をつけるなら、アメリカ合衆国の最終的敗北史を書いてやろうというのがわが千万の軍民の敵撃滅の意志である」と威嚇した。

「労働新聞」米国は朝鮮半島の情勢激化の主犯

【平壌10月25日発朝鮮中央通信】最近、米好戦狂らは内外の一様な反対にもかかわらず、南朝鮮のかいらいと朝鮮半島の海域で史上最大の海上合同軍事演習を強行した。

「大量よう懲報復作戦計画」の現実性を検閲するという美名の下で強行された演習は、南朝鮮占領米帝侵略軍司令部のかしらが群れを成して空母に乗って見守る中で強行された。

25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、朝鮮半島の情勢を最悪の緊張状態へと追い込む米国の策動を決して普通のこと、年次的な演習と見なしてはいけないと主張した。

論評は、米国が追随勢力と行う軍事演習は例外なく北侵先制打撃システムをより完備して戦争の火ぶたをなんとしても切ろうとすることにその基本目的があるとし、次のように指摘した。

言い換えれば、戦略資産を南朝鮮に投入している米国の下心は朝鮮半島の緊張状態を引き続き悪化させ、任意の時刻に第2の朝鮮戦争を挑発しようとするところにある。

米国は朝鮮半島の緊張激化の根源であり、世界平和の癌的存在である。

米国が朝鮮半島の緊張状態を激化させながら核打撃手段でわれわれを脅かし続ける状況の下で、われわれが米国を恒常的に脅かすことのできる強力な核先制攻撃能力を絶えず拡大強化していくのは当然である。

軍事技術的優勢は今や、米国の独占物ではない。

米帝が核兵器でもってわが国を脅かしていた時代は永遠に終わった。

もし、米帝がまたもや戦争の火をつけるなら、アメリカ合衆国の最終的敗北史を書いてやろうというのがわが千万の軍民の敵撃滅の意志である。

    関連記事