金正恩氏は、今月10日の朝鮮労働党創建記念日にあわせて核実験を強行するのではと見られていたが、結局は行わなかった。

一方、韓国の大手紙・東亜日報によると、8月に亡命したテ・ヨンホ前駐英公使が、「北朝鮮は、来年末までに2回の核実験を準備中」と韓国情報当局に明らかにしたと報じた。

あくまでも消息筋の話だが、北朝鮮はことあるごとに核・ミサイル実験の継続を強調。金正恩氏は米国、そして国際社会に一歩も引く姿勢を見せていない。