北朝鮮国内の情報筋は、「国際社会はこれ以上、北朝鮮に食糧援助をする必要はない」と口をそろえる。受け取った小麦粉と粉ミルクを外貨稼ぎ用の高級食材に転用しているからだという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

国際団体や一部のNGOは「北朝鮮への食糧支援が必要だ」と主張しているが、それに対して北朝鮮国内の複数の情報筋は「必要はない」と述べている。配給制度は完全に崩壊したが、食べるものがなく餓死したり、物乞いをしたりする人はもはやほとんど見かけなくなったというのだ。

「空腹ではない」

水害復旧に動員された咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は「被災地で食料価格が一時上昇したのは事実」としつつも「今は道路が復旧したので、食料価格は安定している」と述べた。