北朝鮮の労働新聞は3日、署名入りの論評で「封鎖の網を締め付けるからといって核を放棄し、並進の道を変えるということは天が崩れ落ちてもあり得ない」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は「われわれは決して、米国のように人類を害する暴悪の核を持つために核保有国になったのではない」と主張した。

さらに「世界政治の流れを牛耳る幾つかの強大国の隊列に入るために核を持ったのでもない。米国の増大する核脅威・恐喝、極悪な封鎖の中で国の自主権を守って、人民の生存権のために核保有の道に出た」と核保有を正当化した。

そのうえで「世界は、最も正義で最も強力な人民の核を握りしめたチュチェ朝鮮がわが惑星のあらゆる不義を燃やし、強権と専横を手なずけて、いかに民族繁栄の億万年の未来を培って行くのかを胸がすっきりするほど見ることになるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。