英国政府は、対北朝鮮制裁の一環として、自国内にある北朝鮮国営の保険会社の支社を閉鎖する措置を取り、職員2人を事実上国外追放した。韓国のKBSが報じた。

閉鎖されたのは北朝鮮国営の「朝鮮民族保険総会社」(KNIC)のロンドン支社だ。英財務省は、同社の承認を取り消し、預金50億ウォン(約4億6000万円)を凍結、建物も押収した。さらに、職員2人のビザ更新を拒否し、事実上の国外追放処分とした。

英財務省は今年4月、対北朝鮮制裁の一環として、KNICの平壌本社とロンドン支社の英国内の資産を凍結し、金融取引を禁じた。