北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、米国が主張する「北朝鮮脅威」説が欺まんであると非難する論評を配信した。

論評は、米誌の寄稿文が「米国防長官が北朝鮮の核実験を『全国際社会に対する直接的な脅威』だと言ったのはきわめて愚かな主張」と批評したことを引用しながら「世界で最初に核兵器を手にした時から米国は、それを他国に対する威嚇と恐喝、侵略と戦争の基本手段にしてきた」と指摘。

また「われわれが核兵器化の最高の段階である核弾頭爆発実験を断行し、国家核戦力完成の最終関門を通過するようになったのも、実際には米国の対朝鮮圧殺策動を徹底的に粉砕するためである」と強調した。