北朝鮮の金正恩党委員長は、西海衛星発射場を訪れて「静止衛星キャリア・ロケット用大出力エンジン」の地上噴出実験を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が20日、報じた。

「静止衛星キャリア・ロケット用大出力エンジン」の地上噴出実験を現地指導した金正恩氏(2016年9月20日付労働新聞より)
「静止衛星キャリア・ロケット用大出力エンジン」の地上噴出実験を現地指導した金正恩氏(2016年9月20日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏が実験開始の命令を下した。また、実験を通じて「推進力をはじめエンジンの技術的指標が予定値に正確に到達し、作業の全期間、すべての系統の特性値が安定に維持されるということが完全に確認された」という。