北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、米国がB-1B核戦略爆撃機2機を13日、韓国上空に緊急出撃させたことに対し「軍事的挑発を強行した」と非難した。

同通信は「核戦略爆撃機B1Bと言えば、米帝が海外侵略戦争の時、核先制打撃を実現することに利用する悪名高い核戦争殺人装備である」と指摘。

さらに「無分別に狂奔する米帝好戦狂の極端な挑発的妄動によって、朝鮮半島の情勢は刻一刻爆発の局面に突っ走っている」と警告した。

そのうえで「いかなる侵略行為と挑発策動も一撃のもとに粉砕できる完ぺきな軍事的対応手段を全部備えているわが軍隊は今、米帝の無謀な軍事的しゅん動を鋭く注視している」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。