北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、米国がB-1B核戦略爆撃機2機を13日、韓国上空に緊急出撃させたことに対し「軍事的挑発を強行した」と非難した。

同通信は「核戦略爆撃機B1Bと言えば、米帝が海外侵略戦争の時、核先制打撃を実現することに利用する悪名高い核戦争殺人装備である」と指摘。

さらに「無分別に狂奔する米帝好戦狂の極端な挑発的妄動によって、朝鮮半島の情勢は刻一刻爆発の局面に突っ走っている」と警告した。

そのうえで「いかなる侵略行為と挑発策動も一撃のもとに粉砕できる完ぺきな軍事的対応手段を全部備えているわが軍隊は今、米帝の無謀な軍事的しゅん動を鋭く注視している」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

米帝が悪名高いB1B核戦略爆撃機を南朝鮮地域上空に緊急出撃させる軍事的挑発行為を強行

【平壌9月14日発 朝鮮中央通信】われわれの成功裏の核実験ニュースに恐れおののいた米帝が、分別を失って慌てふためいている。

すでに、原子力空母と核戦略爆撃機をはじめとする膨大な核戦略資産を朝鮮半島に大々的に投入すると公言した米帝は、その1段階の措置としてグアムのアンダーセン空軍基地に前進配置した悪名高いB1B核戦略爆撃機2機を9月13日、南朝鮮地域上空に緊急出撃させる軍事的挑発を強行した。

米帝は、これが南朝鮮のかいらいに対する「確固たる防衛公約実践の誇示」であり、特に、われわれに対する「強力な警告」になるとけん伝している。 核戦略爆撃機B1Bと言えば、米帝が海外侵略戦争の時、核先制打撃を実現することに利用する悪名高い核戦争殺人装備である。

米帝は、B1B核戦略爆撃機だけでも核全面戦争を行えるとけん伝し、虚勢を張っている。

米帝がこのような核戦争手段を8月6日、10年ぶりに対朝鮮前哨基地であるグアムに前進配置したということは公開された事実である。

われわれの正々堂々たる核弾頭爆発実験に言い掛かりをつけて、「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」北侵核戦争演習の砲煙も消え去る前に核脅威・恐喝を連続突きつける挑発的妄動は、白昼強盗さながらの米帝の対朝鮮侵略野望がどの境地に至ったのかを再度明白に示している。

国の自主権と民族の生存権を守るためにわれわれが断行するすべての自衛的措置を「挑発」と「脅威」に罵倒して自分らの侵略野望を合理化する口実にしようとする凶悪な下心から米帝は、核戦略爆撃機を南朝鮮地域上空に引き続き投入し、その過程に核先制打撃の機会をつかもうとしている。

米帝が朝鮮半島とその周辺に原子力空母をはじめとする核戦略手段を次々と投入しようとしている腹黒い下心もまさに、ここにある。

無分別に狂奔する米帝好戦狂の極端な挑発的妄動によって、朝鮮半島の情勢は刻一刻爆発の局面に突っ走っている。

いかなる侵略行為と挑発策動も一撃のもとに粉砕できる完ぺきな軍事的対応手段を全部備えているわが軍隊は今、米帝の無謀な軍事的しゅん動を鋭く注視している。

米帝は、軽挙妄動してはいけない。

    関連記事