北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、「核弾頭爆発実験の成功の報に接した各階層の反響」と題した記事を配信。5回目の核実験に対する国民のコメントを紹介した。

それによると、たとえば人民経済大学の教師チョン・ウォンソブ氏は、次のように語った。 「核弾頭が標準化、規格化されることによって、われわれがいろいろな分裂物質に対する生産とその利用技術を確保し、各種の核弾頭を決心した通りに必要なだけ生産できるようになったのだから、これは敵に与える無慈悲な核の大目玉である。 本当に、核強国の前列に堂々と立った共和国公民の誇りを胸いっぱいに感じる」

公開処刑も

一方、チョンリマ製鋼連合企業所の労働者、パク・ウォンスル氏のコメントは次のとおりだ。 「今回の核弾頭爆発実験は、米国の対朝鮮圧殺策動に核抑止力の強化で応える朝鮮民族のたくましい気概をよく示した」

    関連記事