北朝鮮朝鮮外務省代弁人オバマ一味の反共和国制裁・圧迫策動を糾弾

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

【平壌9月11日発 朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは11日、次のような談話を発表した。

われわれの核兵器研究所の科学者、技術者が核弾頭の威力判定のための核爆発実験を成功裏に行ったことにあわてふためくオバマ一味が、われわれを「平和の破壊者」に罵(ば)倒して制裁・圧迫の雰囲気を鼓吹し、自分らの対朝鮮政策の失敗相を隠すために愚かに振舞っている。

9日、オバマが直接出て今回の核弾頭爆発実験を平和と安全に対する「脅威」「挑発」に、国際的な行動規範に対する「無視」だと言い掛かりをつけて、われわれを核保有国として絶対に認めないし、追加的な重大措置を取るために国際社会と協力するという内容の「声明」を発表した。

    関連記事