北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は11日、米オバマ大統領が「対朝鮮政策の失敗を隠すために振舞っている」と非難する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「オバマの今回の『声明』発表劇には、われわれを核保有へ進ませた責任を回避し、世界の面前でぺちゃんこになった自分のメンツを少しでも立ててみようとする下心が潜んでいる」と指摘。

また、「米国こそ、われわれを核弾頭の開発へ進ませ、後押しした張本人であり、過去数十年間、毎日のようにわれわれを恒常的に圧迫している米国の核脅威・恐喝はわれわれをここまで進ませた原動力になった」と核実験を正当化した。

さらに「米国の増大する核戦争脅威からわれわれの尊厳と生存権を守り、真の平和を守り抜くための国家核戦力の質量的強化措置は続くであろう」と主張した

北朝鮮朝鮮外務省代弁人オバマ一味の反共和国制裁・圧迫策動を糾弾

【平壌9月11日発 朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは11日、次のような談話を発表した。

われわれの核兵器研究所の科学者、技術者が核弾頭の威力判定のための核爆発実験を成功裏に行ったことにあわてふためくオバマ一味が、われわれを「平和の破壊者」に罵(ば)倒して制裁・圧迫の雰囲気を鼓吹し、自分らの対朝鮮政策の失敗相を隠すために愚かに振舞っている。

9日、オバマが直接出て今回の核弾頭爆発実験を平和と安全に対する「脅威」「挑発」に、国際的な行動規範に対する「無視」だと言い掛かりをつけて、われわれを核保有国として絶対に認めないし、追加的な重大措置を取るために国際社会と協力するという内容の「声明」を発表した。

核弾頭爆発実験は、米国をはじめとする敵対勢力の核戦争脅威と制裁騒動に対する実際的対応措置の一環として、敵がわれわれに手出しするならわれわれも正面から向かえ打つ準備ができているという超強硬意志の誇示である。

われわれは、米国の増大する核脅威と恐喝からわれわれの自主権と生存権、平和を守り抜くために並進路線を高く掲げて進んでおり、われわれの今回の核弾頭爆発実験も並進路線貫徹のひとつの工程であるだけだ。

退任を控えているオバマ一味は、われわれの核攻撃能力を時々刻々強化する結果だけを招いた自分らの対朝鮮政策の総破たんによって今、国内外の激しい非難に苦しんでいる。

オバマの今回の「声明」発表劇には、われわれを核保有へ進ませた責任を回避し、世界の面前でぺちゃんこになった自分のメンツを少しでも立ててみようとする下心が潜んでいる。

米国こそ、われわれを核弾頭の開発へ進ませ、後押しした張本人であり、過去数十年間、毎日のようにわれわれを恒常的に圧迫している米国の核脅威・恐喝はわれわれをここまで進ませた原動力になった。

オバマが堂々たる核保有国としてのわが共和国の戦略的地位をあくまでも否定しようとするのは、手のひらで空の太陽を覆ってみようとする愚行だと言わざるを得ない。

「戦略的忍耐」政策が完全に破たんし、引っ越しの荷造りをする日が近づいているこんにちになってまで、無意味な制裁うんぬんをそのまま唱えて東奔西走するオバマ一味の行動こそ、本当に笑止千万である。

すでに闡(せん)明したように、米国の増大する核戦争脅威からわれわれの尊厳と生存権を守り、真の平和を守り抜くための国家核戦力の質量的強化措置は続くであろう。

    関連記事