韓国軍合同参謀本部のイム・ホヨン戦略企画本部長(中将)は9日、北朝鮮が核攻撃を仕掛けてきた場合「北の軍指導本部を含む指揮部を直接狙い反撃・報復する」と述べた。金正恩党委員長への攻撃を示唆したものと言える。

イム氏は記者会見で、「同時に大量の精密攻撃が可能なミサイルなどを使い、精鋭特殊作戦部隊を用いる」と説明。これを大量反撃報復概念「KMPR(Korea Massive Punishment & Retaliation)」として紹介した。

韓国軍はKMPRを今後、北朝鮮にミサイル発射の兆候があれば先制攻撃して制圧する兵器体系「キルチェーン」や、韓国型ミサイル防衛(KAMD)とともに発展させていくという。

    関連記事