中国は、「新東北振興策」を発表し、北朝鮮やロシアと国境を接する遼寧、吉林、黒竜江の東北3省におけるインフラ整備を推し進めている。

昨年、地域内に3路線の高速鉄道が開通したが、うち1路線の乗客が開通1年で10000万人を突破したと中国の人民網が報じた。

昨年9月1日に全線開通した「瀋丹高速鉄路」。中国東北最大の都市である瀋陽から、中朝貿易最大の拠点である丹東までの208キロを、最速1時間11分で結ぶものだが、開業から1年で1032万人の乗客を輸送した。1日平均に直すと3万6000人に達し、開通前の一般鉄道の利用客の3.6倍となった。

一方、昨年9月20日に開通した「長輝城際鉄路」は、吉林省の省都長春から、ロシア国境に面した延辺朝鮮族自治州の琿春までの456キロを結び、開通からわずか2ヶ月で106万5000人を輸送した。1日平均で1万人になる。長白山(白頭山)へと向かう支線の建設も進められている。