北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は7日、国連安保理が北朝鮮の弾道ミサイル発射を厳しく非難する報道機関向けの声明を発表したことに対して、「自主権と自衛権に対する許せない侵害行為として、われわれはこれを全面排撃する」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

報道官は、「(国連安保理が)侵略的な核戦争演習を含む白昼強盗さながらの行為を何でも働いている米国には一言も言えず、それに対応したわれわれの正当な自衛的措置について問題視するのは言語道断である」と指摘。

そのうえで、「われわれは、チュチェ朝鮮の初の水爆の雷鳴で荘厳な序幕を開け放した歴史的な今年、多段に起きるわれわれの核戦力強化の奇跡的な成果を引き続き拡大していくであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。