北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、金正恩党委員長が「弾道ロケット発射訓練」を現地指導したとして、9枚の写真を公開した。訓練が行われた日時は明らかにされていないが、5日に実施した弾道ミサイル発射のことであると見て間違いあるまい。

気になるのは、1面に掲載された写真だ。

ミサイル発射の視察時、日本列島の描かれた地図を前にした金正恩氏
ミサイル発射の視察時、日本列島の描かれた地図を前にした金正恩氏

正恩氏の前にあるテーブル上に地図が広げられているのだが、そこに、日本列島の一部が描かれている。そして、正恩氏の側近が指し示しているのは、どうやら日本近海のようなのだ。

自衛隊はどうする?

これは今回の発射が、日本の防空識別圏内の海上を狙って実施されたものであることを示すものだ。