北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、米国の対北朝鮮政策を非難する論評を配信した。

論評は「世界最大の核保有国、核犯罪国家である米国が突然、『核先制不使用』をけん伝するかとすれば、南朝鮮のかいらいは上司にしがみついてそれを撤回してくれと哀願している」と指摘。

さらに、「原爆を投下した米国は、過去の朝鮮戦争の時期にはわが民族に対する核兵器使用計画まで立て、その実行のために狂奔した。米国の対朝鮮核圧殺騒動は、戦後こんにちまで絶えず続いている」と米国の対北政策を非難した。

また、「米国のこのような核戦争戦略に先頭に立って追従する朴槿恵逆徒の醜態である」と韓国を非難しながら、「米帝と南朝鮮かいらいのような核戦争狂が存在する限り、朝鮮半島と地域の緊張緩和や安全保障、世界の平和について考えられない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。